ゴキブリの幼虫が出た時のゴキブリ対策

ゴキブリの幼虫が出た時には、出来るだけ早く家全体のゴキブリ対策をする必要があります。

ゴキブリの幼虫が出る原因

ゴキブリの幼虫が出る一番大きな原因は、「産卵」です。ゴキブリの幼虫というのは、家の外から家の中に侵入してくることはありません。親ゴキブリが家の外から家の中に侵入してきて、その親ゴキブリが産卵、孵化してゴキブリの幼虫が出てくるようになります。つまり、ゴキブリの幼虫が家の中に出たということは、親ゴキブリが家の中に住み着いてしまっている、と考えてください。そうなると、ゴキブリの幼虫を家の中からいなくするためには、まず親ゴキブリをすべて退治することが必須になります。それをしない限り、産卵・孵化というゴキブリが増える流れが止められなくなります。重要なことは、ゴキブリの幼虫を退治することではなく、そもそもゴキブリが増える原因になっている親ゴキブリを退治することです。それが出来ればゴキブリの幼虫も一緒に退治出来るので、家の中にゴキブリが現れることがなくなります。

ゴキブリの幼虫が出た時の対処法

ゴキブリの幼虫が出た時の対処法は、とにかくすぐに叩いて退治をすることです。ゴキブリの幼虫を見逃すと、そのあと必ず大きなゴキブリに成長をしてしまいます。そうなる前に、見かけたら叩いて退治をしてしまいます。叩いて胎児するのが難しければ、ゴキブリスプレーなどを使いましょう。見逃してしまったゴキブリの幼虫の退治には、ゴキブリほいほいやコンバット、ホウ酸団子など、置くタイプのゴキブリ駆除剤が効果的です。置くタイプのゴキブリ駆除剤であれば、置いたらあとは放置しておけば大丈夫です。ただ、ゴキブリほいほいの場合は、必ず最後には自分の手で持って捨てるということをしないといけないので、それが苦手な方は他のゴキブリ駆除剤を使うようにしましょう。

ゴキブリの幼虫は赤い

ゴキブリの幼虫は、まだ生まれて間もない頃は黒ではなく赤い色をしています。そのため、他の虫と勘違いをしてしまいがちですが、ゴキブリの幼虫は赤い色をしています。この赤い色をしたゴキブリの幼虫が数ヶ月すると、普段見かけるあの黒いゴキブリに成長していくことになります。ゴキブリの幼虫は数ヶ月で成長して成虫のゴキブリになっていくので、赤いゴキブリの幼虫を見かけたらその場で叩いて殺してしまった方が無難です。もし叩いて殺すのが抵抗があるようなら、ゴキブリスプレーのようなものを置いておいてそれを使って殺してしまいます。ゴキブリの幼虫は逃がすとどんどん成長してしまって大きくなり、そして産卵・増殖を繰り返していきます。そうならないためにも、ゴキブリの幼虫を見かけたらすぐに退治をするように心がけましょう。

ゴキブリの幼虫にバルサンは効果があるのか?

ゴキブリの幼虫の対策としては、家の中でバルサンを焚くというのも1つの方法です。

バルサンは煙になったゴキブリ駆除剤が部屋の隅々まで行き渡るため、ゴキブリの幼虫に対してはとても高い効果が期待できます。ただ、それと同時にゴキブリ駆除剤が部屋の中に充満するので、それをやる方がどう思うか、ということが問題になります。特に、食品などを扱う台所周辺では、食品や食器にその薬が付くような状態になるので、台所周りで使うのは少し考えてからの方がいいです。もしやる場合は、バルサンを使い終わったら部屋の中などをもう一度隅々まで掃除しておく方が良いかもしれません。ただゴキブリの幼虫に対しての効果は高いので、もしゴキブリが頻繁に出るようであればバルサンを使うことも考えた方がいいかもしれません。

ゴキブリの幼虫が増える時期

ゴキブリの幼虫にも増える時期というのがあります。ゴキブリの幼虫が増える時期は、大体5月から10月の間。つまり、気温が上がってくる時期に増えていきます。これは、ゴキブリが産卵をする時期と重なります。ゴキブリは、1つの卵から大体20匹以上の幼虫が生まれてくると言われています。つまり、5月から10月の間にゴキブリ対策をせずにほっておくと、家の中には20匹以上のゴキブリが増えてしまうという計算になります。そうならないためには、その時期よりも前に家の中のゴキブリ対策をしっかり行っておく必要があります。親ゴキブリがいなければ、ゴキブリの幼虫も発生せず家の中のゴキブリが増えることも避けられます。つまり、重要なことはゴキブリの幼虫が増える前に親ゴキブリを退治してしまうためのゴキブリ対策をすること、になります。ゴキブリはほっておくとどんどん繁殖を繰り返し増えていきます。その前に、親ゴキブリを退治して家の中にゴキブリが増えるのを避けれるようにしていきましょう。

 

 

ゴキブリの幼虫にはアロマも効果的

ゴキブリの幼虫が出た場合、もちろんゴキブリ駆除剤で駆除してしまうのも効果的ですが、プラスしてアロマを使うというのもゴキブリの幼虫を駆除するためには効果があります。使うアロマは、デンタータラベンダー、ローズマリーなどのアロマオイルが忌避効果が高いという研究結果があります。ここで気をつけたいのは、使うアロマによってはゴキブリを呼び寄せてしまう効果があるということです。ゴキブリの誘引効果の高いアロマとしては、スペアミントとローマンカモマイルがあげられます。このあたりのアロマを間違って使ってしまうと、ゴキブリの幼虫だけでなく、ゴキブリの成虫も家の中に呼び寄せてしまうという悲惨な状況を引き起こします。そうならないためには、どのアロマオイルを使うのかというのをしっかりと選ぶ必要があります。ゴキブリの幼虫に効果のあるアロマオイルは、先ほど書いた通りデンタータラベンダー、ローズマリーなどのアロマオイルが効果的ですから、そのあたりのアロマを使ってゴキブリ対策をしていきましょう。

 

 

 

ゴキブリの幼虫の成長速度

ゴキブリの幼虫を見た時に、それだけで家の中にゴキブリがたくさんいると思ったり、すぐに成長して成虫のゴキブリになると思ってしまいがちです。

 

でも、実際には、ゴキブリも種類によって成長速度はかなり違いがあります。

 

一般的なゴキブリと言われる「クロゴキブリ」は、大体1年程度かけて成虫になっていきます。

 

もう1種類の「チャバネゴキブリ」はもっとスピードが速くて、大体2ヶ月ほどで成虫になると言われています。

 

ゴキブリの幼虫の成長速度は種類によって違いますが、やはり基本は幼虫を見かけたらすぐに対策をすることが大切です。

 

クロゴキブリも成虫になるまで1年もあるなら、と思っていても、幼虫がいたということは、家の中にはクロゴキブリの成虫が必ずいるということです。

 

つまり、幼虫を1匹みただけだからと思ってほっておくと、知らない間にゴキブリのs成虫の数がどんどん増えていってしまうという状況になります。

 

ゴキブリは、幼虫でも成虫でも、とにかく見かけたらすぐに対策をする。

 

これが、家の中にゴキブリを増やさないために必要なことです。