ゴキブリの幼虫が出た時のゴキブリ対策

ゴキブリの幼虫が出た時には、出来るだけ早く家全体のゴキブリ対策をする必要があります。

ゴキブリの幼虫がエアコンから出てきたときの対策

ゴキブリの幼虫がエアコンから出てきた場合、ゴキブリがエアコンの中で卵を産んでそれが孵化した可能性があります。

 

意外かもしれませんが、ゴキブリは実はエアコンの中から出てくることが多いのです。

 

理由は、家の外に置いてある室外機。

 

室外機の中を通って、家の中に侵入してきます。

 

その途中で、エアコンの中に居座り卵を産み、孵化したゴキブリの幼虫がエアコンから落ちてくる、このようなことが起こります。

 

では、どういう対策をするのかというと、室外機の近くに置くタイプのゴキブリ駆除剤を置きます。

 

この時に使うゴキブリ駆除剤は、出来るだけ強力なものを使用するようにします。

 

ゴキブリもずっとエアコンの中にいる訳ではなく、特に日中は家の外に出て行きます。

 

その時に、通り道になるエアコンの室外機の近くにゴキブリ駆除剤を置いて、そこで退治するのが確実です。

 

エアコンからゴキブリの幼虫が出てきてしまった方は、家の外にあるエアコンの室外機の近くにゴキブリ駆除剤を置くようにしましょう。

 

 

ゴキブリの幼虫はどこからくるのか

家の中にゴキブリの幼虫が出た場合、家の中で繁殖したか家の外から入ってきたかのどちらかになります。

 

どちらの可能性が大きいかというと、家の中にいる成虫のゴキブリが卵を産み、それが孵化してゴキブリの幼虫が出るようになった、と考えた方がいいでしょう。

 

つまり、ゴキブリの幼虫が家の中に出たら、ゴキブリの成虫も家の中にいると考えるのが自然です。

 

そうなってくると、ゴキブリの成虫用のゴキブリ対策をしておかないと、卵を産む→ゴキブリ幼虫が増える→成長してゴキブリの成虫になる→卵を産む・・・・という循環が続くことになります。

 

そうなってしまうと、いつまで経っても家の中からゴキブリの幼虫だけでなく、ゴキブリ自体が消えることがありません。

 

ゴキブリと共存することは、やはり衛生上良くないことですから、ゴキブリの幼虫を見た時点でしっかりとしたゴキブリ対策をするようにしましょう。

 

幼虫だとしてもゴキブリはゴキブリ

この時期になると家の中に出てくるのがゴキブリの幼虫。

 

小さいからいいと言うわけでもなく、やはり幼虫だとしてもゴキブリはゴキブリ。

 

出来れば見たくないものです。

 

出てきたときには、出来るだけ早く対策をしたいところです。

 

色々なゴキブリ対策がありますが、幼虫の場合はそれほど動きも速くないので、はえたたきや新聞紙を丸めたもので軽く叩いて殺してしまうのが一番です。

 

スプレーなどでもいいですが、キッチンにゴキブリ駆除用のスプレーを置いてある家ばかりではないので、その場合は新聞紙などで代用するようにします。

 

ゴキブリの幼虫もほっておけば大きなゴキブリへと成長していきます。

 

そうなる前に、まずはゴキブリの幼虫を見かけたらその場で叩いて殺してしまうようにしましょう。