ゴキブリの幼虫が出た時のゴキブリ対策

ゴキブリの幼虫が出た時には、出来るだけ早く家全体のゴキブリ対策をする必要があります。

ゴキブリの幼虫はどこからくるのか

家の中にゴキブリの幼虫が出た場合、家の中で繁殖したか家の外から入ってきたかのどちらかになります。

 

どちらの可能性が大きいかというと、家の中にいる成虫のゴキブリが卵を産み、それが孵化してゴキブリの幼虫が出るようになった、と考えた方がいいでしょう。

 

つまり、ゴキブリの幼虫が家の中に出たら、ゴキブリの成虫も家の中にいると考えるのが自然です。

 

そうなってくると、ゴキブリの成虫用のゴキブリ対策をしておかないと、卵を産む→ゴキブリ幼虫が増える→成長してゴキブリの成虫になる→卵を産む・・・・という循環が続くことになります。

 

そうなってしまうと、いつまで経っても家の中からゴキブリの幼虫だけでなく、ゴキブリ自体が消えることがありません。

 

ゴキブリと共存することは、やはり衛生上良くないことですから、ゴキブリの幼虫を見た時点でしっかりとしたゴキブリ対策をするようにしましょう。