ゴキブリの幼虫が出た時のゴキブリ対策

ゴキブリの幼虫が出た時には、出来るだけ早く家全体のゴキブリ対策をする必要があります。

ゴキブリの幼虫が増える時期

ゴキブリの幼虫にも増える時期というのがあります。ゴキブリの幼虫が増える時期は、大体5月から10月の間。つまり、気温が上がってくる時期に増えていきます。これは、ゴキブリが産卵をする時期と重なります。ゴキブリは、1つの卵から大体20匹以上の幼虫が生まれてくると言われています。つまり、5月から10月の間にゴキブリ対策をせずにほっておくと、家の中には20匹以上のゴキブリが増えてしまうという計算になります。そうならないためには、その時期よりも前に家の中のゴキブリ対策をしっかり行っておく必要があります。親ゴキブリがいなければ、ゴキブリの幼虫も発生せず家の中のゴキブリが増えることも避けられます。つまり、重要なことはゴキブリの幼虫が増える前に親ゴキブリを退治してしまうためのゴキブリ対策をすること、になります。ゴキブリはほっておくとどんどん繁殖を繰り返し増えていきます。その前に、親ゴキブリを退治して家の中にゴキブリが増えるのを避けれるようにしていきましょう。